みやびさんの*ほっとひととき

miyabi9127.exblog.jp ブログトップ

母と娘のパリ日記 その7

パリに来て5日目。
充実した毎日です。

先日も書きましたが、朝の明けるのが遅く、いつもはそんなに早起きではないのに
まだ暗いうちに目がさめます。

a0161698_2053149.jpg


今日の予定は、モンマルトルの丘と、サンマルタン運河です。

a0161698_20535577.jpg

今日も晴天です。
気温も20度を超えそう。

調べていたメトロの最寄り駅に着いて、地上出口に出たものの、町のどまん中で
サクレ・クール寺院がどこにあるかまったく方向がわかりません。

地図を見ながら信号を待っていると、後ろから、私たちに声をかける人がいます。
また、いつものジプシーの物売りかと思って無視していると、また声がします。

娘が、『 ねえ、サクレ・クール? って言ってない? 』

後ろを振り返ると、車いすに乗ったおじいさんが
『 サクレ・クールはあっちだよ 』 と教えてくれているのです。

娘が持っていたフランス版パリの地図帳を見せると
『 今いるのはここ、サクレ・クールはこっち 』 と指さして教えてくれました。

『 ありがとうございます 』と日本語の私、フランス語で娘もお礼を言って別れました。

そのあとも、地図を見ながら不安そうな表情で私たちが歩いていたのか、
すれ違ったおじさんも、あっちだよ・・・と教えてくれます。

フランス人は冷たい・・・こわい・・・といった印象を持っていた私たちは、
やさしい人もいるねえ・・・と考え直しました。


a0161698_20543392.jpg

サクレ・クール寺院の中は撮影禁止なので、写真はありません。

中へ入ると厳かな空気に包まれます。
ノートルダム寺院とはまた違った雰囲気です。

大きなキリストが描かれた天井画。
お祈りに訪れた人たちも何人か見られます。
私たちもしばらくすわっていました。

お寺詣りなどが好きで、鎌倉へも時々行ったりしますが、なぜかその時とは違った
心の状態になり、涙が出てきて止まりませんでした。
この数年間のつらかったこと、たいへんだったこと、頑張ってきたこと、
今の自分を振り返っての反省・・・いろいろな思いが湧きあがってきたみたいでした。

心の底にたまった澱のようなものが浄化されたように感じました。



外へ出ると、また飛行機雲があざやかです。

a0161698_2111271.jpg


モンマルトルの丘は、道が入り組んでいて、複雑です。
とりあえず観光客の人たちが行く道をついていきます。

そうするとテルトル広場に出ました。
a0161698_2123953.jpg

a0161698_2125352.jpg

a0161698_213793.jpg


テルトル広場には絵かきさんたちが、自分の絵を描きながら売っています。
有名な似顔絵かきさんもいて、私たちも声をかけられましたがご遠慮しました。

a0161698_215355.jpg

a0161698_2151936.jpg

a0161698_2153747.jpg


いろいろな絵がありますね。

a0161698_2161642.jpg

複雑に道が交差していますが、娘が持っているフランス版パリの地図帳には、
通りの名前が全部記されています。
この壁に記されているのを見て、地図帳で今どこにいるかを確認しながら歩いて
行きます。

a0161698_218132.jpg

a0161698_2183888.jpg

このお花屋さんは、以前、自由が丘の記事をアップした時にも載せたお店の
本場フランスのお店です。

a0161698_2110780.jpg

散った花びらもアレンジして、さすがオシャレですね。

次にめざすのは 映画 『 アメリ 』 の舞台になったお店 『 レ・ドゥ・ムーラン 』です。

a0161698_21121179.jpg


そして食べるのは、アメリも大好きだったこれ ↓ クレーム・ブリュレです。

a0161698_21125920.jpg

a0161698_21132183.jpg


アメリがしていたように、スプーンの底でカンカンと割って食べました。

そしてお勘定の時、たまっていた小銭を、テーブルの上にめいっぱい並べて支払いました。
お店のお兄さん、あきれ顔で見ていましたね。

だって、お財布がどんどん重くなってくるのですもの。

  ↓ の赤いお店です。
a0161698_2127037.jpg


この通りはカフェはもちろんですが、お花屋さんや八百屋さんがたくさんありました。

a0161698_2128446.jpg

a0161698_212932.jpg

太くて大きな白いアスパラガスが印象的でした。

通りを抜けると、ありました、赤い風車のムーラン・ルージュです。

a0161698_2130238.jpg


ダンスホールでフレンチカンカンを想像します。
ルノワールの絵にもありますよね。
今はレストランになっているようです。

そしてメトロの最寄り駅、ブランシェの入り口です。

a0161698_21323463.jpg


このあとは、またメトロに乗って、サンマルタン運河へ向かいます。

                                 つづく
[PR]
by miyabi-4127 | 2011-04-16 21:35 | パリ
line

カメラとともに


by miyabi-4127
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31