みやびさんの*ほっとひととき

miyabi9127.exblog.jp ブログトップ

母と娘のパリ日記 その1

いつの間にか桜の花が満開です。

1週間前の4月2日、腰の痛みと左手小指の骨折を持ったまま、なんと、
私は、娘と、パリへ旅立ちました。

a0161698_2017175.jpg


ブログの更新がなく、また、腰の症状がひどくなったのでは・・・
とご心配いただき、ありがとうございます。

震災の前からの計画だったこともあり、また、娘の卒業旅行を兼ねての名目便乗旅行
でもあり・・・

こういうことでした。

出発前は、ギックリ腰の痛みがなかなかひかず、その上に、パリではスリに気をつけて・・・
親子でカメラを持ってると危ないよ・・・置き引きにも気をつけて・・・
鞄は鍵をつけて・・・と、ご心配をいただき、『パリって、そんなに治安が悪いの・・・?』
と不安がいっぱいでした。

腰の痛みは、お医者様にお願いして、強めの痛みどめをいただいたので、約13時間の
飛行機の中も大丈夫でした。

ただ、その13時間の内、2回機内食があったのですが、その間が、8時間はあいていて
お腹がすいて仕方がありませんでした。
食いしん坊な親子です。

成田 午前11時20分発 パリ・シャルルドゴール空港 2日(同じ日) 午後4時40分着

パリに着いてから、ホテルまで乗り合いの車を予約していたのですが、なかなか来なくて
約1時間後にやっと来ました。
3組の家族が一緒になりました。

田園地帯の空港から、だんだん周りの景色が変わって行きます。
市内に入り、オペラ座や、ルーヴル美術館のガラスのピラミッド、セーヌ川・・・
ノートルダム寺院・・・

『 本当にパリに来ちゃった・・・ 』

土曜日の夕方ということもあるのか、どこも、すごい人の数です。

この日、パリの気温は24度・・・もう夏です。
どこのカフェも人でいっぱい・・・美味しそうに、楽しそうにしています。
皆、半袖スタイルです。 
どうしよう、こんな気温想像していなかった~

そして、すごく細い道の両側に車が駐車していて、その間をぬって、人とぶつかりそうに
なりながら、進んで行きます。

でもまだ実感が湧かない。

順番に、家族ごとにホテルの前で止まり、私たちは最後です。
プチホテルを予約していたので、道がなかなかわからなかったようです。

やっと到着・・・

a0161698_20453523.jpg


a0161698_20455543.jpg


プレスパリのパリスタッフの方に紹介していただいたプチホテル 『 グランゼコール 』

ピンク色の可愛いホテル、お庭がすごくきれいです。
部屋の中は・・・

a0161698_20484247.jpg


壁紙が可愛い~

a0161698_2049966.jpg


浴室は、カーテンではなくて、ガラスの扉で仕切られています。

娘と二人  『 来ちゃったねえ~ パリだよ、パリ!!!!! 』

感動もつかの間
『お腹すいた~』
と、ホテルのご近所散歩も兼ねて、地図を片手に、食料を買いだしに出かけます。

美味しそうなパン屋さんを発見・・・
パリジャン・サンドとタルト、モカのエクレアを購入
フランス語は、娘の担当。
そうしたら、可愛いパリジェンヌが、日本語で

『 9ユーロ30セント です 』
『 あら、日本語お上手ね 』 と私。
『 また来ます 』 と娘。
でもこれは通じなかったみたいで、キョトン? とされてしまい、
通じなかったとわかった娘は、フランス語で、もう一度、『また来ますね』
というと、やっと通じました。
そのあと、おいしそうなキッシュも見つけて、お持ち帰り。

よく見ると、パン屋さんやカフェがいたるところにあります。

その冒険は、また明日からにして、ホテルへ帰りました。

a0161698_2101298.jpg


夜の8時半ごろまで明るくて、外の賑やかな声が夜中過ぎまで聞こえてきます。

飛行機の中から花粉症の症状がひどくて、ほとんど眠れなかった私の第一夜でした。



フランス語はチンプンカンプンの母と、地図を読むのは苦手な娘のパリ日記です。
しばらくお付き合いください。
[PR]
by miyabi-4127 | 2011-04-10 21:08 | パリ
line

カメラとともに


by miyabi-4127
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31